» 未分類のブログ記事

正しい清掃をする

| 未分類 |

運転をする事において、車の窓の手入れは欠かせない事です。汚れに気づいた際にはしっかりと綺麗に掃除する事が大切になります。窓を掃除する際には、注意点を抑えてく事が大切です。あまり知識が無い方はどうしても汚れているからという理由で簡単に拭いてしまう事があるでしょうが、誤った手入れを行なうと返って窓を傷つけてしまう恐れがあります。それは、窓に細かいゴミがついている状態で拭いてしまうと、それが要因で傷をつけてしまうことになります。出来るだけ、傷をつけてしまう事を避ける為にも、まずは正しい清掃方法を身につける事が望ましいと言えます。
車の窓を綺麗にするにあたり、まずは水を利用して綺麗に汚れを落としてしまう事が良いでしょう。それであれば傷がついてしまう恐れはほとんどなくなります。避けておきたいのは、乾いた布で濡らさずに拭いてしまう事です。加えて硬い布で拭く事も出来るだけ最初は避けた方が望ましいです。長期間、車の窓を掃除する事を行なっていた場合には、丁寧に正しい方法で綺麗にする方がより車のためといえます。洗車や専門のアイテムを使った掃除の方がより安全に綺麗にする事が出来るので是非詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

窓は見えやすくしておく

| 未分類 |

よく、車の中にストラップやぬいぐるみを飾る人がいらっしゃいますが、ああいった飾りをつけて可愛く見せたりオシャレにしたりするのも良いのですが、出来るだけ運転の邪魔にならない程度に装飾する事が望ましいと言えます。特に窓付近の飾りは、周囲の見渡しに悪影響を及ぼし、確認が疎かになってしまう可能性があります。サイドの窓でも、サイドミラーを見るのに大切な部分でもあり、横の斜線との距離感を取る事にも重要です。あまりに多くのものをぶら下げていると、運転に支障をきたす恐れがあるので、常識の範囲内で行なう事がおすすめです。
そして、それらの物を飾りとしてつける事によって、車内の清掃をしづらくなってしまう事があります。もちろん、結果的に清掃をするのであれば全く問題はありませんが、その事が原因で窓の汚れを落とすのが面倒に感じてしまうような事は内容に装飾をすると良いでしょう。ぬいぐるみはほこりなどの原因になり、窓を不要に汚してしまう事もあります。そのために、視界が悪くなり事故を起こす要因となるのは極力避けておきたい事です。車の中をオシャレにすることでも、まずは安全重視でされる事が大切なので是非意識しておく事をおすすめします。

現在非常に多くの方が自動車を利用していますが、その分利便性が先行して自動車が危険な乗り物であるということを忘れる人が増えてきているといいます。自動車事故は時には被害者と加害者両方を死に至らしめる場合も多いので、そうした取り返しの付かないトラブルを防ぐためにもしっかり安全運転を心がけるようにしましょう。特に安全運転には窓の美しさが非常に深く係わってくるので、普段から窓の洗車に関しては特に力を入れるようにすると、万が一のトラブルを起こさずに運転を続けることが出来るはずです。
自動車の寿命は基本的に10年ほどといわれていますが、汚れに関しては寿命関係なく放置していればどんどん濃く、落ちにくくなってしまう上、視界不良に伴う交通事故にまで発展する可能性が高くなります。特に皮膜や水シミによる雨天時の視界不良や夜間時のライトの乱反射など非常に危険な状態に発展する可能性もある交通事故を引き起こす可能性まで出てくるので注意してください。そうしたトラブルを予防したいときは特に普通の洗車では落ちなくなるような汚れに対しての対策が一番重要なポイントなので、油膜や水シミなどは専用のクリーナーなどを使いつつ綺麗な洗浄とその状態の保護に努めましょう。

水分が大きな要因

| 未分類 |

自動車の窓は見た目はもちろんですが何より視界確保のためにも常に綺麗な状態を保つようにしてください。普段はウォッシャー液などを使って汚れを落としているという方も多いかと思いますが、ウォッシャー液とワイパーで取り除くことが出来る汚れのレベルはたかが知れていますし、油膜や水シミなどワイパーなどを使っても取ることが出来ない汚れに対しては専用のクリーナーなどを利用しないと思うように綺麗にすることが出来ないので、窓についている汚れの種類に応じて洗車グッズを選んで完璧な窓の美しさを生み出してください。
自動車の窓の汚れが付く原因は色々ありますが、中でも頑固な汚れて言われているのが雨ジミなどの水に係わる汚れです。これらのシミは吸い文中の成分が水が蒸発する事によって残って結晶化することで引き起こされ、塗装表面と完全にくっついた状態になってしまうことで極普通の洗車では全く取れなくなってしまいます。更に最近だと都市部の酸性雨が塗装表面を溶かしてシミを作るケースも報告されており、そうした頑固で特殊な汚れをつけないためにも日頃からメンテナンスはしっかり行うようにしてください。メンテナンスのあるなしで自動車の寿命は大幅にアップし、より暮らしやすい状態になってくれるはずです。

マイカーの汚れは定期的に取り除かないといけません。軽いものならちょっと洗車をすればすぐに綺麗な状態になりますが、長い間放置した汚れは専門の機材を用いた本格的なクリーニングを業者などの依頼しないと落とすことが出来なくなってしまうので、一見して汚れがメだ無いと思っても定期的にクリーニングを行って常に綺麗な状態を保つようにしましょう。例えば車の窓もしっかりクリーニングをしないと視界不良などを引き起こしてしまうので、特に念入りに線余蘊クリーニング剤などを用いて作業に望むようにすると良いでしょう。
車の窓の汚れは放置しているとどんどん深刻なものになっていき、中々落とすことが出来なくなってしまいます。そんな状態を回避するためにもクリーニングは絶対に欠かすことが出来ませんが、そのクリーニングの方法にも注意を払わないと逆に窓の美しさを損なってしまいます。例えばチリやほこりを取り除いていない状態で強くこすったりワックスを塗ったりすると細かい粒子でガラスを傷つけてしまったり、コーティング剤を塗布する時などに油膜が落ちきっていないと塗りムラが発生するなどの悪影響を及ぼす可能性があるので、そうした問題を起こさないためにも車の窓のクリーニングは手順をしっかり守って行うようにしてください。

汚れは放置しない

| 未分類 |

車の窓が多少汚れていてもあまり気に留めないという事も多いでしょうが、窓の汚れを放置する事は事故の危険性を高める原因になり、加えて汚れがだんだんと落ちづらくなる可能性が十分にあるので、汚れに気づいた際にはしっかりと処理しておく事が望ましいといえます。煩わしいと思う人も多いでしょうが、実際に事故を起こしてしまう原因には、見落としなどのイージーミスもあるので、そのような事で事故を起こしてしまうよりも、多少面倒であっても、窓の汚れはしっかりと落としておく様に意識しておく事が大切です。
窓の汚れに多い事としては、雨ジミ、泥水、排気ガス、細かいゴミ、手あかなどさまざまありますが、いずれにしても視界が悪くなるものばかりです。多少の汚れであれば処理するのが面倒の気持ちの方が勝る事が多いでしょうが、徐々に汚れは落ちづらくなってしまうので、出来るだけ早い段階での処理を心がける事がおすすめです。ここ最近、洗車を指定内という方は、だんだんと汚れが溜まっていき、落ちづらくなってきている事も多いので、綺麗にしてみるのも良いでしょう。窓は綺麗にしているだけでも車自体が綺麗に見える事もあるので、定期的な手入れを欠かさず行なう様にしましょう。

安全度を高めよう

| 未分類 |

運転するにあたり、優先しておきたい事としてはいかに安全に運転出来るかという事です。しかし若い人の多くやその他の人は意外と安全面に油断している面があり、多少汚れていたり曇っていたりしていても、事故に繋がる事はほとんどないと考えている事も多いでしょうが、実際にはそういった見落としから事故を引き起こしてしまう事も稀ではありません。より安全に運転をするには、しっかりと車の窓は綺麗に視界を広く持てる様に手入れをしておく事が重要になります。しっかりと気配りする事は同乗者も同様に考えておくといいでしょう。
車の窓を綺麗にするにはそこまで面倒な事は実際にはなく、専用のクリーニング剤を利用するのも良いのですが、タオルなどを用意しておくだけでも十分綺麗に拭く事が出来ます。多少の物の準備で安全を買う事が出来るので是非、一枚くらいのタオル、もしくは専門の綺麗に拭く事が出来るアイテムをゲットしておく事が良いでしょう。最近では500円程度で窓の雨ジミを綺麗にしたり、曇りを解消したりする事が出来るアイテムも数多く登場してきています。まずは、そういったアイテムをチェックして、必要なものを取り揃えてみてはいかがでしょう。

汚れてしまうとこうなる

| 未分類 |

車の汚れは様々な原因によって付いてしまいますが、ただ汚れるだけなら気にしないと放置してしまう方も少なくないといいます。しかし自動車に付いた汚れは時間が経つにつれてどんどん取りにくくなってしまいますし、ただ単に見た目が悪くなるだけではなく、自動車の寿命を縮める原因になったり走行中のトラブルに発展する可能性も出てきてしまいます。車の窓などは特に汚れによる悪影響が出やすい部位で、時には事故に発展しかねないような事態を引き起こすこともあるので、そうした汚れは常に取り除けるよう定期的に洗車するようにしましょう。
自動車の窓は当然ながら運転中の司会を確保するために必要ですが、窓の汚れはその視界を遮ってしまいます。軽い汚れならそれほど気にしないし、ワイパーを掛ければ問題ないとお考えになる方もいるかと思いますが、車の窓には油膜などワイパーやウォッシャー液だけでは取ることのできない汚れが付くことも珍しくなく、そうした汚れが対向車線の自動車のライトを乱反射させて視界を遮ったり、撥水性を失わせることで雨天時の視界が狭まるなどの悪影響を引き起こしてしまうので、そうなる前に必ずメンテナンスを行わなければなりません。

自動車についてしまう汚れの中には頑固で取れないものも多くあります。特に車の窓についてしまう汚れには専用のクリーニング剤を使用しないと落ちてくれない汚れも多く、物によっては完璧なクリーニングをするためには一つのクリーニング剤だけでは対応しきれないこともあったりと、完璧なクリーニングを自分で使用とすると非常に面倒な作業をこなさなければなりません。面倒だからといって放置してしまうと頑固な汚れが付いたままますます落としにくくなってしまうことで運転中の視界の妨げにもなってしまうので、少しでも綺麗な状態を保つためにもしっかりクリーニングを行ってください。
自動車の窓のクリーニングを行うにはカーシャンプーなど車全体を洗うことが出来るような汎用性の高いものだけではなく専用のクリーニング剤などのグッズが必要不可欠です。最適な道具を選ぶことで効率よく汚れを落とすことが出来ますし、しっかり汚れを落とした後のコーティング剤によるケアによって新しい汚れが付くのを一定期間ながら防ぐことも出来るので、しっかりとしたクリーニングを定期的に行うことが出来れば自動車の寿命といわれている10年間の間のうちかなりの期間を綺麗な視界のまま運転することが出来るはずです。