マイカーの汚れは定期的に取り除かないといけません。軽いものならちょっと洗車をすればすぐに綺麗な状態になりますが、長い間放置した汚れは専門の機材を用いた本格的なクリーニングを業者などの依頼しないと落とすことが出来なくなってしまうので、一見して汚れがメだ無いと思っても定期的にクリーニングを行って常に綺麗な状態を保つようにしましょう。例えば車の窓もしっかりクリーニングをしないと視界不良などを引き起こしてしまうので、特に念入りに線余蘊クリーニング剤などを用いて作業に望むようにすると良いでしょう。
車の窓の汚れは放置しているとどんどん深刻なものになっていき、中々落とすことが出来なくなってしまいます。そんな状態を回避するためにもクリーニングは絶対に欠かすことが出来ませんが、そのクリーニングの方法にも注意を払わないと逆に窓の美しさを損なってしまいます。例えばチリやほこりを取り除いていない状態で強くこすったりワックスを塗ったりすると細かい粒子でガラスを傷つけてしまったり、コーティング剤を塗布する時などに油膜が落ちきっていないと塗りムラが発生するなどの悪影響を及ぼす可能性があるので、そうした問題を起こさないためにも車の窓のクリーニングは手順をしっかり守って行うようにしてください。