水分が大きな要因

| 未分類 |

自動車の窓は見た目はもちろんですが何より視界確保のためにも常に綺麗な状態を保つようにしてください。普段はウォッシャー液などを使って汚れを落としているという方も多いかと思いますが、ウォッシャー液とワイパーで取り除くことが出来る汚れのレベルはたかが知れていますし、油膜や水シミなどワイパーなどを使っても取ることが出来ない汚れに対しては専用のクリーナーなどを利用しないと思うように綺麗にすることが出来ないので、窓についている汚れの種類に応じて洗車グッズを選んで完璧な窓の美しさを生み出してください。
自動車の窓の汚れが付く原因は色々ありますが、中でも頑固な汚れて言われているのが雨ジミなどの水に係わる汚れです。これらのシミは吸い文中の成分が水が蒸発する事によって残って結晶化することで引き起こされ、塗装表面と完全にくっついた状態になってしまうことで極普通の洗車では全く取れなくなってしまいます。更に最近だと都市部の酸性雨が塗装表面を溶かしてシミを作るケースも報告されており、そうした頑固で特殊な汚れをつけないためにも日頃からメンテナンスはしっかり行うようにしてください。メンテナンスのあるなしで自動車の寿命は大幅にアップし、より暮らしやすい状態になってくれるはずです。